渋温泉

■渋温泉(しぶおんせん)
渋温泉は、長野県下高井郡山ノ内町(旧国信濃国)にある温泉。一帯は「湯田中渋温泉郷」と呼ばれる温泉郷です。

■アクセス
鉄道:長野電鉄長野線湯田中駅よりバスで約5分。

■渋温泉の泉質
単純泉、塩化物泉
渋温泉の旅館35軒+外湯9ヵ所に対し、源泉の本数は37ヶ所にも及びます。 いずれの源泉も高温で、60〜90度ぐらいありまる。 渋温泉は源泉により各々泉質が若干異なり、効能も異なります。

■渋温泉の温泉街
渋温泉は夜間瀬川支流の横湯川沿いに温泉街が広がります。石畳の道と木造建築の旅館の町並みが温泉街を象徴する光景です。温泉街の石畳が有名な温泉地は、他にも湯平温泉などが存在する。共同浴場は9軒あります。かつてはいずれも宿泊客および地元の方専用であり、どの浴場にも鍵がかけられていました。 渋温泉の宿泊者には無料で外湯の鍵が貸し出され、「9つの外湯めぐり」を楽しむことができます。なお、平成18年7月1日より、日帰り客用に「九番湯・大湯」が有料開放されました。渋温泉旅館組合または駐車場にて入浴券が購入できます。 入浴券を大湯近隣の旅館・商店に提示すると、大湯の鍵を開けてもらえます。日帰りの入浴時間は10時〜16時。他の外湯については引き続き日帰り入浴客の入浴はできません。

渋温泉には大湯の他に、宿泊客以外の人でも入浴可能な日帰り入浴施設、「信玄竈風呂」が1軒あります。温泉寺の側に存在し、共同浴場では提供されていない蒸し風呂を楽しむことができます。また足湯もあります。共同浴場の外湯巡りが有名である。「巡浴手拭い」という手ぬぐいと浴場の鍵を持ち歩きながら湯巡りをします。各浴場においてあるスタンプを押していき、全ての浴場のスタンプが押せたらその手ぬぐいを高薬師に奉納すると、願い事が叶うといわれています。

■渋温泉の観光
渋温泉に浸った後は周辺の散歩道で森林浴を満喫しよう。薬湯に浸ったあとは、宿の周りにはりめぐらされた散歩道を歩いてみるとよい。コースは白樺の森、せせらぎの森、唐松の森、八方台コースなど実に多彩です。また、宿の前に湧く強清水は、北八ヶ岳の地下水で、古くから湯治客の間で語り継がれています。

外湯めぐり

長野県、渋温泉の外湯めぐり、九湯めぐりの歩き方を紹介します。

■一番湯 初湯
効能:胃腸
渋温泉で最初にみつかったことがら名前が付きました。胃によく効くことから別名胃腸の湯とも呼ばれています。建物内部は素朴な木造造り。湯船も素朴な造りで湯の花が浮いています。 湯は薄く白濁していて、ほのかに鉄のような香りがします。泉質は単純泉。

■二番湯 笹の湯
効能:湿疹
初湯から坂を少しくだったところにあります。笹やぶの中から温泉が湧出していたため「笹の湯」と呼ばれています。病気の快復時にも効果があるので「仕上げの湯」とも呼ばれています。初湯が木造造りなのに対し、こちらは壁も湯船もタイル張り。ほのかに鉄の香りがするところは初湯と同じですが、こちらの湯は無色透明です。肌荒れにも効果があります。

■三番湯 綿の湯
効能:切り傷、おでき、子宝
切り傷や皮膚病に効くといわれています。おできの綿がとれるので命名されましたが、湯船に浮く湯の花も綿のようです。石造りの湯船に溢れる透明な湯には白い湯花が漂います。泉質は含石膏食塩泉。

■四番湯 竹の湯
効能:痛風
地獄谷からの引き湯。身体の芯から温まり、慢性通風に効くとされ、ゆっくり入浴して患部を温めると効果があるといわれています。地獄谷から木の管で引湯に成功した快挙を祝い、松竹梅のうちの一文字をとって「竹の湯」と命名されました。木製の床、湯船で木の香りが漂い、癒しの空間を感じます。渋温泉の人気湯。木の樋から無色透明の湯が掛け流されており、ここに板をはめる事で湯量を調節できるようになっています。泉質は塩化物泉。

■五番湯 松の湯
効能:脊椎病
竹の湯と同時期に出来た湯です。神経通の痛みが軽くなるといわれています。昔は渋温泉の地元の集会所の役割を果たしており、「貴方を待つの湯」とも呼ばれたとか…。タイル張りの湯船は明るく開放感があります。泉質はナトリウム、カルシウム塩化物、硫酸塩泉。

■六番湯 目洗いの湯
効能:眼病
眼病に効く温泉といわれ、昔から大勢の人々が訪れています。また、美肌効果もあり、美人の湯とも呼ばれています。細長い木製の湯船は比較的広く、ゆったりとお湯に浸かれるのでは。湯船に満たされた透明な湯には沢山の白い湯の花も見られます。泉質は単純温泉。

■七番湯 七操の湯
効能:外傷性緒障害
7つの病気に効くとか、7回入れば全快するとかいわれ「七操の湯」と呼ばれています。とくに外傷性疾患や病気の快復期に良く効くとされています。タイル張りの湯船に注がれるお湯は目洗いの湯同様無色透明です。泉質は単純温泉。

■八番湯 神明滝の湯
効能:婦人病
源泉は裏山の神明山。木造の湯船と床には風情があります。冷え性、婦人病に良く効き、子宝に恵まれる湯ともいわれています。ですから、渋温泉九湯の中では女性におススメ。こぢんまりとした縦長の浴室に縦長の木製の湯船。その湯船に注がれるお湯は薄く白濁しており、ほのかに鉄の香りがします。

■九番湯 渋大湯
効能:子宝、リュウマチ、神経痛
渋温泉を代表する名湯で外湯九湯中最も立派な建物。外湯めぐりの総仕上げの湯で「結願湯」ともいわれています。浴室とは別に檜の蒸し風呂もあります。 木製の大きな湯船は湯の注ぐ熱湯と温湯の二つに仕切られています。その湯船に注ぐのは茶色のお湯。鉄の香りも印象的。万病に効くとされ、渋温泉を代表する名湯です。結願をこめて入浴しましょう。

■番外薬湯 信玄かま風呂
効能:リュウマチ・冷え性・痛風・美容など
温泉寺の境内にあり、渋温泉外湯めぐりの番外湯。"信玄かま風呂"という名前は武田信玄が戦で傷ついた兵士達の療養に利用したという言い伝えに由来します。京都東山東福寺のかま風呂を模して建てられました。

■高薬師 和光庵
夢ぐり願い処
渋温泉の巡湯外湯巡りの総仕上げは温泉街裏山の高薬師さんへ。七十八の石段を上って高台にある高薬師さんにお詣りをすれば満願成就。最後のスタンプを押せば、巡浴祈願の手ぬぐいが完成します。

お願いの仕方:
1. 願掛手桶をよく振ります。出てきた目が幸運の外湯番号です。
2. 夢ぐり願い札を持ってその番号の外湯へ行き印を押しましょう。
3. 札に心を込めて願い事を書きましょう。生年月日、氏名も忘れずに。
4. 最後に願を掛けながら、お札をご利益の石段の格子に結び付けます。

渋温泉の外湯めぐり
九番湯渋大湯

丸善旅館

■丸善旅館【渋温泉】
長野県下高井郡山ノ内渋温泉

天然温泉24時間かけ流しのお風呂と季節の山菜料理が自慢の渋温泉の宿。九つの外湯巡り・地獄谷野猿公苑・小布施・善光寺などの観光名所への拠点としても便利なロケーションになります。家庭的サービスのくつろぎの宿として人気。貸切風呂もあり。

渋温泉で天然温泉を満喫!日頃の疲れをとり、自然の中で癒されましょう!

【アクセス】 上信越道信州中野IC山ノ内方面へ15分。 JR長野駅より長野電鉄で40分の湯田中駅前より上林行バスで5分。

※詳細は画像をクリック↓


玉久旅館

■玉久旅館
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2069

九湯めぐりと石畳の渋温泉街にある和風旅館です。男女それぞれ趣の異なる桧風呂は湯量も豊富な24時間天然温泉。

客室10室の小さな旅館ですが、あたたかいおもてなしと、郷土の特産を活かした女将手造りの暖かい料理が好評です。

近くには「地獄谷野猿公苑」、志賀高原、北斎と栗の町小布施と渋温泉の見どころがいっぱいです。

食事は素材を大事にし、米や野菜は女将の実家でつくった減農薬のもの。料理は女将と若旦那が、一品一品丁寧に心を込めて手作りしています。和洋中とバラエティーに富んだ料理を楽しめます。

渋温泉、玉久旅館でのんびりひのき風呂と、女将手造りのあったか料理の堪能ください。

※詳細は画像をクリック↓


春蘭の宿 ホテルさかえや

■春蘭の宿 ホテル さかえや 渋温泉
長野県下高井郡山ノ内町渋温泉

千三百年の時を越え、絶えることなく湧きつづけてきた渋温泉。お客とのご縁を何より尊び "人の縁に育まれ、人の縁を育む" を信条とし、心からのおもてなしが好評。

清楚で可憐な春蘭は先代が最も愛した花で、花言葉である "素朴で飾らない心" を大切に持ち続けたく、シンボルマークとして使用しています。

杉林の原生林に囲まれた幻想的な露天風呂が人気。名湯 "渋の湯" と称される地獄谷の茶褐色で鉄分の強いお湯と、硫黄などの多数の鉱物を含んだ源泉温度98度の自噴泉から引湯した無色のお湯を使用しています。

二つの湯をブレンドすることで柔らかい肌触りとなる弱酸性のお湯が評価され、花王のビオレが主催するウィターフェスタにて推薦の宿にも選ばれました。

※詳細は画像をクリック↓


御宿 炭乃湯

■御宿 炭乃湯 信州渋温泉
長野県下高井郡山ノ内町渋温泉

湯ったり、ほのぼの心づくしのおもてなしが人気の六階展望風呂・露天風呂が自慢の渋温泉の宿。信州の素材を生かした料理長手作りの料理が好評。冬季、客室にコタツがあります。

渋温泉には村びとにより大切に守られてきた外湯が九つ点在しています。カランコロンと手ぬぐい片手に外湯めぐりはいかがですか。スタンプを手ぬぐいに押して最後に高薬師さんで満願成就につながると言われています。 入浴はご宿泊の方は無料です。(午前6時〜午後10時まで)

炭乃湯に一番近いのが目洗湯。目によく効く渋温泉の湯です。多くの人がこの温泉で目の病を癒したと言われています。また美人の湯とも言われています。

■周辺観光情報
・小布施まで車で20分。
・志賀高原まで車で20分。
・善光寺まで車で50分。
・地獄谷駐車場まで車で5分。

※詳細は画像をクリック↓


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。