渋温泉

■渋温泉(しぶおんせん)
渋温泉は、長野県下高井郡山ノ内町(旧国信濃国)にある温泉。一帯は「湯田中渋温泉郷」と呼ばれる温泉郷です。

■アクセス
鉄道:長野電鉄長野線湯田中駅よりバスで約5分。

■渋温泉の泉質
単純泉、塩化物泉
渋温泉の旅館35軒+外湯9ヵ所に対し、源泉の本数は37ヶ所にも及びます。 いずれの源泉も高温で、60〜90度ぐらいありまる。 渋温泉は源泉により各々泉質が若干異なり、効能も異なります。

■渋温泉の温泉街
渋温泉は夜間瀬川支流の横湯川沿いに温泉街が広がります。石畳の道と木造建築の旅館の町並みが温泉街を象徴する光景です。温泉街の石畳が有名な温泉地は、他にも湯平温泉などが存在する。共同浴場は9軒あります。かつてはいずれも宿泊客および地元の方専用であり、どの浴場にも鍵がかけられていました。 渋温泉の宿泊者には無料で外湯の鍵が貸し出され、「9つの外湯めぐり」を楽しむことができます。なお、平成18年7月1日より、日帰り客用に「九番湯・大湯」が有料開放されました。渋温泉旅館組合または駐車場にて入浴券が購入できます。 入浴券を大湯近隣の旅館・商店に提示すると、大湯の鍵を開けてもらえます。日帰りの入浴時間は10時〜16時。他の外湯については引き続き日帰り入浴客の入浴はできません。

渋温泉には大湯の他に、宿泊客以外の人でも入浴可能な日帰り入浴施設、「信玄竈風呂」が1軒あります。温泉寺の側に存在し、共同浴場では提供されていない蒸し風呂を楽しむことができます。また足湯もあります。共同浴場の外湯巡りが有名である。「巡浴手拭い」という手ぬぐいと浴場の鍵を持ち歩きながら湯巡りをします。各浴場においてあるスタンプを押していき、全ての浴場のスタンプが押せたらその手ぬぐいを高薬師に奉納すると、願い事が叶うといわれています。

■渋温泉の観光
渋温泉に浸った後は周辺の散歩道で森林浴を満喫しよう。薬湯に浸ったあとは、宿の周りにはりめぐらされた散歩道を歩いてみるとよい。コースは白樺の森、せせらぎの森、唐松の森、八方台コースなど実に多彩です。また、宿の前に湧く強清水は、北八ヶ岳の地下水で、古くから湯治客の間で語り継がれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41993328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。